立て替えと解体

解体工事

解体作業の重要性

一戸建て住宅の建て替えなどを行なう際、必要となることに解体工事がある。既に建物がある状態から新たな建物を建てようとする場合には、その土地を一度更地に戻した状態で建てることが多い。リフォームなど状況によっては、基礎など枠組みを残した状態で立て直すケースもある。これらのケースにおいても、部分的には解体工事が必要になる。解体工事を行う際には、専門の解体業者に依頼しての作業が必要になる。壊す作業においても、技術や専門の道具が必要になる。また、解体工事ででた廃材の分別や廃棄などの作業もある。これらのことから、解体工事業者に依頼して適切に解体してもらうことが通常である。神奈川県など住宅が密集している地域では、特に慎重な解体工事が必要になる。解体工事により建物が近隣の住宅などに倒れ込んでしまった場合には、大問題に発展する可能性が有る。また、神奈川県などの都市部では解体する建物の近辺に多くの住宅などが密集していることが多いため、騒音への対策や粉じんなどをまき散らさないようにする配慮が必要になる。神奈川県では、解体工事業者も多く存在しており、神奈川では依頼しやすいエリアとなっている。通常は地元の解体業者に依頼することが多くなっており、それにより素早い対応が可能になっている。また、建設業者などを通じて解体を依頼するケースもある。建設前に解体作業は行われれるため、建設時に解体も含めて対応してもらうこと言うことが一般的である。